close
1.

図書

図書
三浦信孝, 塚本昌則編
出版情報: 東京 : 水声社, 2018.8
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
ポール・ヴァレリー、ある伝記的冒険 ブノワ・ペータース [著] ; 三浦信孝訳
ヴァレリーにおける〈精神〉の意味 恒川邦夫 [著]
苦痛の幾何学と身体の思想 三浦信孝 [著]
ヴァレリーとブルトン : 思考のエロス 松浦寿輝 [著]
ヴァレリーにおける他者関係の希求と「不可能な文学」 森本淳生 [著]
ヴァレリーとルイス : 『若きパルク』に秘められた友情 鳥山定嗣 [著]
ヴァレリーとポッジ : エクリチュールの相克 松田浩則 [著]
ヴァレリーと二〇世紀初頭の芸術家 ミシェル・ジャルティ [著] ; 今井勉訳
大芸術家の肖像 : ダ・ヴィンチからドガへ 今井勉 [著]
絵画のポエジー : ヴァレリー、マルロー、バタイユ 永井敦子 [著]
詩学と経済学 : ヴァレリーは芸術を語るのに、なぜ経済学的タームを用いるのか 山田広昭 [著]
〈声〉の詩学 : 芸術照応の源泉としての 田上竜也 [著]
リズムと吃音 : 「異質な機能作用」に出会う体 伊藤亜紗 [著]
ヴァレリーとリズム : ドイツ近代の視座から 宮田眞治 [著]
ヴァレリーと広告 ウィリアム・マルクス [著] ; 田上竜也訳
〈絶対的なもの〉のミメーシス : ヴァレリーを読むアドルノ 竹峰義和 [著]
支持体とは何か : ヴァレリーにおけるシミュレーションの詩学 塚本昌則 [著]
「名前のない島」 : ヴァレリーと映画 ジャン=ルイ・ジャンネル [著] ; 塚本昌則訳
ポール・ヴァレリー、ある伝記的冒険 ブノワ・ペータース [著] ; 三浦信孝訳
ヴァレリーにおける〈精神〉の意味 恒川邦夫 [著]
苦痛の幾何学と身体の思想 三浦信孝 [著]
2.

図書

図書
三浦信孝編
出版情報: 東京 : 勁草書房, 2010.5
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
三浦信孝, 西山教行編著
出版情報: 東京 : 明石書店, 2010.11
シリーズ名: エリア・スタディーズ ; 84
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
ジャン・ボベロ著 ; 三浦信孝, 伊達聖伸訳
出版情報: 東京 : 白水社, 2009.5
シリーズ名: 文庫クセジュ ; 936
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
三浦信孝, 松本悠子編
出版情報: 八王子 : 中央大学出版部, 2008.3
シリーズ名: 中央大学学術シンポジウム研究叢書 ; 6
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
レジス・ドゥブレ [ほか著]
出版情報: 東京 : みすず書房, 2006.7
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
ドラ・トーザン著 ; 三浦信孝編
出版情報: 東京 : 白水社, 2004.3
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
鈴木啓二, 増田一夫著
出版情報: 東京 : 放送大学教育振興会, 2002.3-
シリーズ名: 放送大学教材 ; 33241-1-0211, 33258-1-0211, 33264-1-0211, 1440012-1-1811, 1440020-1-1811
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
三浦信孝, 糟谷啓介編
出版情報: 東京 : 藤原書店, 2000.9
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
植民地時代とポスト植民地時代の言語支配 : 言語帝国主義を発見原理として 三浦信孝 [著]
言語生態学の重層的「中心・周辺」モデル ルイ=ジャン・カルヴェ [著] ; 西山教行訳
言語と民族は切り離し得るという、言語帝国主義を支える言語理論 田中克彦 [著]
日本の言語帝国主義 : アイヌ、琉球から台湾まで 小熊英二 [著]
帝国日本の言語編制 : 植民地期朝鮮・「満洲国」・「大東亜共栄圏」 安田敏朗 [著]
日本語の近代化をめぐって : 大日本帝国の公用語と片仮名の機能 パスカル・グリオレ [著]
英語帝国主義の過去と現在 ロバート・フィリプソン [著] ; 臼井裕之訳
共和国の言語同化政策とフランコフォニー 三浦信孝 [著]
フランス語は「フランス人」を創出するか : 植民地帝国におけるアリアンス・フランセーズの言語普及戦略 西山教行 [著]
クレオール語圏の言語生態学と言語政策 ジャン・ベルナベ [著] ; 恒川邦夫訳
クレオール、クレオリザシオン、クレオリテ 恒川邦夫 [著]
アラビア語化の中のベルベル語 : マグレブ、とくにアルジェリアの場合 サレム・シャケール [著] ; 鶴巻泉子訳
旧仏領アフリカにおいてアフリカ諸言語はどのようにして「復権」され得るのか? : セネガルの事例から 砂野幸稔 [著]
ロマニ語の言語政策 : 複数国家に散住する少数民族の対応 マルセル・クルチアッド [著] ; 永田潤編訳
イヌイットと近代化の選択 : 造語法という武器 ミシェル・テリアン [著] ; 定松文訳
カタルーニャ語と朝鮮語 : 同じ闘い アンドレ・ファーブル [著] ; 佐野直子訳
少数言語復興運動の日欧比較 原聖 [著]
言語ヘゲモニー : 「自発的同意」を組織する権力 糟谷啓介 [著]
言語権の現在 : 言語抹殺に抗して トーヴェ・スクトナブ=カンガス [著] ; 木村護郎編訳
欧州地域語少数言語憲章は憲法違反か : 言語政策演習 サレム・シャケール [著] ; 佐野直子訳
インターネット時代のアジアの言語 西垣通 [著]
「国語」と言語的公共性 イ・ヨンスク [著]
南北朝鮮間の言語問題 キム・ハス [著] ; イ・ヨンスク訳
金時鐘の詩と日本語の「未来」 鵜飼哲 [著]
言語帝国主義論の射程 糟谷啓介 [著]
植民地時代とポスト植民地時代の言語支配 : 言語帝国主義を発見原理として 三浦信孝 [著]
言語生態学の重層的「中心・周辺」モデル ルイ=ジャン・カルヴェ [著] ; 西山教行訳
言語と民族は切り離し得るという、言語帝国主義を支える言語理論 田中克彦 [著]
10.

図書

図書
三浦信孝編
出版情報: 東京 : 藤原書店, 1997.5
所蔵情報: loading…