close
1.

図書

図書
川端康成[ほか]著
出版情報: 東京 : 小学館, 1986.12
シリーズ名: 昭和文学全集 / 井上靖 [ほか] 編 ; 5
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
石川淳[ほか]著
出版情報: 東京 : 小学館, 1987.2
シリーズ名: 昭和文学全集 / 井上靖 [ほか] 編 ; 15
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
井伏鱒二 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 小学館, 1987.4
シリーズ名: 昭和文学全集 / 井上靖 [ほか] 編 ; 10
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
龍胆寺, 雄(1901-1992)
出版情報: [東京] : 龍膽寺雄全集刊行会 , [東京] : 昭和書院 (発売), 1984-1986
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
稲垣達郎編
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1981.4
シリーズ名: 明治文学全集 ; 26
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
武田清子, 吉田久一編
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1977.10
シリーズ名: 明治文学全集 ; 46
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
新島襄集
同志社設立の始末
同志社大学設立の旨意
基督教皇張論
書簡
私の若き日々
植村正久集
福音道志流部
真理一斑
今日の宗教論及び徳育論
[キリスト論論争]
[人物論]
清沢満之集
宗教哲学骸骨
[精神主義]
[講話]
[心霊の諸徳]
臘扇記 : 第2号
綱島梁川集
宗教の根本的問題
基督の詩
宗教的真理の性質
悲哀の高調
一家言
苦痛と解脱
禅思録(抄)
心のたどり
病間録(知己・価値・理性・愛)
煩悶の人に答ふる書
病間録(宗教上の光耀)
随感録
人に与へて煩悶の意義を説く
心の一ふし
病間録(驚異と宗教)
予が見神の実験
予は見神の実験によりて何を学びたる乎
一夜の瞑想
神子の自覚を宣す
如是我証
自覚小記
枕頭の記
聞光録
霊的見神の意義及方法
病窓雑筆 : 3(抄)
福沢諭吉君と新島襄君 徳富蘇峰著
志の宗教 石原謙著
清沢満之師の生涯及び地位 多田鼎著
綱島梁川の念仏 陶山務著
解題 武田清子, 吉田久一, 杉崎俊夫著
新島襄集
同志社設立の始末
同志社大学設立の旨意
7.

図書

図書
臼井吉見編
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1980
シリーズ名: 明治文学全集 ; 98 ; 99
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
私の見た明治文壇(抄) 野崎左文著
半峯昔ばなし(抄) 高田早苗述
雪嶺自伝 三宅雪嶺著
硯友社文学運動の追憶 丸岡九華著
黙歩70年より 星野天知著
おもひ出す人々 内田魯庵著
解題 紅野敏郎著
略歴:p385-392 岡保生ほか編
東京の三十年 田山花袋著
明治還魂紙 笹川臨風著
明治文壇回顧録 後藤宙外著
飛雲抄(抄) 蒲原有明著
創作苦心談 新声社編纂
唾玉集 伊原青々園,後藤宙外編
私の見た明治文壇(抄) 野崎左文著
半峯昔ばなし(抄) 高田早苗述
雪嶺自伝 三宅雪嶺著
8.

図書

図書
神田喜一郎編
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1983.8
シリーズ名: 明治文学全集 ; 62
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
正宗白鳥著
出版情報: 東京 : 福武書店, 1983.4-1986.10
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1卷: 寂寞
破調平調
二階の窓
舊友
近松會
醜婦
塵埃
幕間
我が兄
批評家
獨立心
安心
妖怪畫
好人物
久さん
離別
老人
空想家
株虹
何處へ
玉突屋
六號記事
五月幟
彼れの一日
村塾
世間並
凄い眼
新藥師寺
故郷より
二家族
明日
命の綱
閑日月
地獄
最初の記憶
未見の人
強者
第2卷: 惡緑
夜滊車
雨の宿
古手帳
碁敵
仕合者
一幕見
落日
銀時計
雷雨
自分の家
若道心
浴醫の家
傍見
從姉
葬式
動搖
S塾
古蹟
古書畫
名殘
徒勞
開店
こんな一日
一夜
微光
盲目
友情
舊知
浪の音
親心
危險人物
他所の戀
お芝居
畜生
第3卷: 死後
モルヒネ
泥人形
口入宿
『累』
閉店
窒息
信仰
利根川岸より
雨の日
のけ者
喧嘩
旅の人々
草乳香
都の人
茶の間
平和
舊師
通夜
河辰の顔
生靈
青蛙
九助の旅
醉漢
贋物
汐風
第1卷: 寂寞
破調平調
二階の窓
10.

図書

図書
矢野峰人編
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1966.4
シリーズ名: 明治文学全集 ; 31
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
海潮音
海潮音拾遺
牧羊神
牧羊神拾遺
艶女物語
楽声
南露春宵
露西亜の大野
希臘思潮を論ず
典雅沈静の美術
細心精緻の学風
幽趣微韻
思想問題
独語と対話
春泥集のはじめに
根本の研究
外国文学を研究せむとする人へ
春鳥集合評
批評の進化
クラシック
詩人
悲哀
うづまき
海潮音
海潮音拾遺
牧羊神